ウィジェットのタグクラウドの最大表示数を変更する方法 | OPENCAGE
新テーマ「STORK19」はこちら!

ウィジェットのタグクラウドの最大表示数を変更する方法

WordPressではウィジェットの機能として、ウィジェット内にタグクラウド(タグの一覧)を表示する機能があるのですが、デフォルトでは最大45個までしか表示されない仕様となっています。

デフォルトでは最大でも45個までしか表示されない

通常は45個表示されれば問題ないかとは思うのですが、この最大表示数を変更したい場合があります。

今回はそのカスタマイズ方法をご紹介します。

ちなみに…
ググってみるとWordPress本体を直接編集する方法は多数見つかったのですが、これだとWordPressをアップデートした場合などに上書きされてしまいますので、上書きされないようにテーマファイルのfunctions.phpに書き込んでカスタマイズする方法をご紹介したいと思います。

タグクラウドの最大表示数を変更するためのコード

タグクラウドの最大表示数を45個から変更する場合、下記コードを子テーマのfunctions.phpに追記することで変更可能となります。

'number' => 300,の箇所が最大表示数となりますので、数値を変更することで任意の件数タグを表示することができます。
こちらのカスタマイズでは、add_filter('widget_tag_cloud_args', 'my_tag_cloud_number_filter');というフックを使って、最大表示数を変更しています。

この方法を使えば表示されるタグの数を減らすことも可能で、例えばタグの最大表示数を10個にしたい場合は、'number' => 10,という風に記載します。

最大表示数を10個に変更

また、とにかくすべてのタグを表示させたい場合は'number' => 0,と記載することで、設定されているタグが全て表示されます。

とにかくすべてを表示

タグの数がかなり多いという場合は、このカスタマイズを試してみてください。

CHECK! OPENCAGEのアフィリエイトプログラムについて /

オープンケージ製テーマのアフィリエイトについて

NEWバージョン!

究極のモバイルファースト
WPテーマ「STORK19」

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

いさぎよく、シンプル。
WPテーマ「スワロー」

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。

「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。