Table of Contents Plusで目次を設置する方法 | OPENCAGE
新テーマ「STORK19」はこちら!

Table of Contents Plusで目次を設置する方法

Table of contents plusは、記事に目次を表示できるWordPressプラグインです。

このプラグインを使うことで、記事の中に記述された「見出し」を基に目次を自動生成することができます。

Table of contents plusのインストール

  1. 管理画面の【プラグイン > 新規追加】を開き「Table of contents plus」を検索
  2. Table of contents plusをインストール&有効化

Table of contents plusの設定

プラグインを設定するには管理画面の【設定 > TOC+】を開きます。

基本設定

「基本設定」タブで必要な設定(①〜③)を行います。

目次を表示するためにはこちらの設定を確認しましょう。

①位置

記事内の何処の場所に目次を設置するのかを決めます。(デフォルトは「最初の見出しの前」になっています)

②表示条件

目次を自動生成するための条件を設定します。

記事の中の見出しがここで設定した数に満たないと、目次が自動生成されません。

③以下のコンテンツタイプを自動挿入

目次を自動挿入するコンテンツタイプを設定します。

投稿に自動挿入するには「post」にチェック、固定ページに自動挿入するには「page」にチェックを入れます。

「上級者向け」の設定

基本設定の下の方にある「上級者向け」をクリックすると更に設定項目が表示されます。

最初は隠れていますが、クリックすると「上級者向け」の設定項目が表示されます。

見出しレベル」の設定

「上級者向け」の設定で確認が必要と思われる項目は「見出しレベル」です。

目次として表示する「見出しレベル」を設定できます。

チェックを入れた見出しレベルが目次の項目に表示されますので、必要に応じて設定してください。

目次を手動で挿入する方法

エディターに下記のショートコードを入力することで、目次を記事内の好きな場所に表示することもできます。

[toc]
このショートコードを使用した場合は「位置」で設定した場所に目次は表示されません。

目次の表示例(ストーク19の場合)

見出しレベルを1階層のみ表示した場合

H2(見出し2)のみを目次項目に含めた例

見出しレベルを2階層まで表示した場合

H2(見出し2)とH3(見出し2)を目次項目に含めた例
OPENCAGEテーマをご利用の場合は、目次にテーマ独自のデザインやサイトカラーが反映されます。

【最後に】目次が上手く表示されないときは

自動挿入の設定が間違えていたり、記事の中の見出しの数が足りないと目次は表示されません。

また、見出しを階層的に設定していないと目次が上手く生成されません。

  • 基本設定の「表示条件」で設定した数の見出しが記事の中にあるか
  • 基本設定の「以下のコンテンツタイプを自動挿入」で「post(投稿)」や「page(固定ページ)」がチェックされているか
  • 記事の中でH2(見出し2)やH3(見出し3)などの見出しレベルが階層的に設定されているか

「目次が表示されない」「目次の項目が上手く出力されない」などの場合は、上記を確認してみてください。

CHECK! OPENCAGEのアフィリエイトプログラムについて /

オープンケージ製テーマのアフィリエイトについて

NEWバージョン!

究極のモバイルファースト
WPテーマ「STORK19」

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

いさぎよく、シンプル。
WPテーマ「スワロー」

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。

「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。