head内にAdSenseの審査コードを挿入する方法 | OPENCAGE
新テーマ「STORK19」はこちら!

head内にAdSenseの審査コードを挿入する方法

OPENCAGE製テーマでは、head内へのコード挿入が簡単にできます。ここでは、Google AdSenseのコードをカスタマイズ画面から挿入する方法をご紹介します。

この記事でご紹介している内容はOPENCAGE製テーマにおいて有効となりますので、他テーマの場合は方法が異なりますのでご注意ください。

カスタマイズ画面からコードを挿入する

OPENCAGE製テーマでは、header.phpなどのテーマファイルをカスタマイズすることなく、head内にコードを挿入することができます。これからアドセンスの設定を始める方は参考にしていただければと思います。

まずはあらかじめ、AdSenseの管理画面で審査コードをコピーしておいてください。

次に、WordPressの管理画面で【外観 > カスタマイズ > アクセス解析コード・headタグ】を開きます。

【外観 > カスタマイズ > アクセス解析コード・headタグ】

そして「<head>タグ内」の欄にアドセンスの審査コードを貼り付けて[公開]で完了です。

「headタグ内」に審査コードを貼り付けてください

ソースコードを確認する

審査コードがhead内に挿入されているかどうか、実際にソースコードを確認してみましょう。(ブラウザでソースコードを表示することができます)

例えばGoogle Chromeの場合はブラウザ上で【右クリック > ページのソースを表示】でソースコードを開くことができます。

ちなみにこの審査コード、AdSenseでサイトが承認された後は削除しても問題ないようですが、そのまま自動広告のコードとして機能することもできます。

CHECK! OPENCAGEのアフィリエイトプログラムについて /

オープンケージ製テーマのアフィリエイトについて

NEWバージョン!

究極のモバイルファースト
WPテーマ「STORK19」

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

いさぎよく、シンプル。
WPテーマ「スワロー」

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。

「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。