「テーマカスタマイザー」の使用方法を知ろう - OPENCAGE
新テーマ「STORK19」はこちら!

「テーマカスタマイザー」の使用方法を知ろう

WordPressでは、カスタマイズ画面(テーマカスタマイザー)からテーマに関する色々な設定を行うことができます。

テーマカスタマイザーを使用することで、同じ画面内でプレビューを確認しながら、設定変更やカスタマイズを行うことができるので、直感的にサイト構築を行うことができます。

テーマカスタマイザーを使ってみよう

テーマカスタマイザーを開く方法

方法1:ダッシュボードから開く

管理画面のメニューから【外観 > カスタマイズ】を選択して開きます。

方法2:サイトプレビューから開く

サイトを表示した状態で管理ツールバーカスタマイズをクリックして開きます。

サイトプレビューからダイレクトにテーマカスタマイザーを開くことができます。投稿や固定ページに関するカスタマイズを行う際はこの方法が便利です。

テーマカスタマイザーの使い方

テーマカスタマイザーに表示されている各項目から設定を行います。

テーマによって項目に違いがありますが、水色のアイコンが付いたメニューが、ストーク19独自の設定項目になります。

各項目を開くと詳細な設定項目が表示されるので、必要に応じてカスタマイズを行います。

スマホ用の設定項目については、カスタマイズ画面では表示反映されませんので、スマートフォン実機で確認するようにしてください。

ストーク19の設定項目

ここからは、ストーク19独自の設定項目をご紹介します。各項目に関する解説ページへのリンクも記載していますので、参考にしていただければと思います。

サイト基本設定・ロゴ・ヘッダー

サイトタイトルやキャッチフレーズなどの基本的な設定を行います。また、ロゴ画像やサイトヘッダーに関する設定も可能です。

サイトカラー設定

実際の表示を見ながら、サイトヘッダーや見出し、ラベルやリンクなどのカラー設定を行います。

トップページ設定

トップページヘッダーやピックアップコンテンツ、記事スライダーなど、トップページに関する設定を行います。

記事一覧レイアウト設定

トップページやカテゴリー、タグなどの記事一覧ページのレイアウト設定を行います。

投稿・固定ページ設定

記事ページに関する設定を行います。

SNSボタン設定

SNSボタンの表示設定を行います。表示するSNSボタンを選択することもできます。

アクセス解析コード・headタグ

Google Analyticsのアクセス解析コードや、headタグやbodyタグへのコード挿入も可能です。

広告ショートコードの登録

広告用のコードを登録してショートコードとして呼び出すことができます。

その他の設定

各種データの読込みに関する高度な設定を行います。この設定項目は内容を理解した上でご利用ください。通常は変更の必要はありません。

CHECK! OPENCAGEのアフィリエイトプログラムについて /

NEWバージョン!

究極のモバイルファースト
WPテーマ「STORK19」

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

いさぎよく、シンプル。
WPテーマ「スワロー」

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。

「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。