STORK19テーマをアップデートしました(Version1.6.5) | OPENCAGE
新テーマ「STORK19」はこちら!

STORK19テーマをアップデートしました(Version1.6.5)

STORK19テーマをアップデートいたしました。

アップデート内容

  • ブロックエディタのツールバーに「Googlefontの適用」を追加(blocks/js/block_custom.js)
  • 【β版】ブロックパターン追加(blocks/blocks-functions.php, blocks/functions/block-patterns.php, functions/customizer.php)
  • アコーディオンblock用のスタイル追加(functions/customizer-color.php, blocks/css/block_style.css, style.css)
  • headerまわりのアイコンフォントを変更(style.css, webfonts/skticon/fonts/~~)
  • ブロックエディタにコンテンツ幅用のCSSを追加(blocks/blocks-functions.php, editor-style.css)
  • columnブロックのモバイル表示時のスタイル調整(style.css)
  • jquery関連のコードを修正(functions.php, functions/admin.php, functions/main-parts.php)
  • トップページヘッダー内のpタグをdivタグに変更(parts/homeheader.php)
  • スマートフォン用のグローバルメニューのマークアップ位置を修正(header.php)
  • クラシックエディタでYoutubeを埋め込んだ場合にブロックエディタ用のマークアップに変換(functions.php)
  • スクロール中はhoverエフェクトを無効化するscriptを追加(js/scripts.js, style.css)
  • プログラムの記述場所の整理(functions.php, functions/main-parts.php)
  • カスタマイザー内の文言修正やスタイル追加(css/customizer-style.css, functions/customizer-color.php, functions/customizer.php)
  • フルワイドテンプレートの背景色をコンテンツ色に合わせる(functions/customizer-color.php)
  • ブロックエディタ内のスタイルを編集(editor-style.css)
  • その他CSSの微調整(style.css)

ブロックエディタのツールバーに「Googlefontの適用」を追加

ツールバーに「Googleフォントを適用」ボタンを追加しました。

デザインの表現アップにご利用ください。

Googleフォントは半角英数字のみに適用可能です

【β版】ブロックパターン追加

STORK19用ブロックパターンを追加しました。主に「フルワイドテンプレート」で活用していただけます。

ブロックパターンのキャプチャ

画像やテキストを置き換えることで、ランディングページをサクサク作成することができます。

※このブロックパターンを無効化したい場合は以下をご確認ください。

テーマ専用のブロックパターンを無効にしたい場合は、【外観 > カスタマイズ > その他の設定】の「テーマ専用ブロックパターンの読み込み」を「読み込まない」にすることで無効化することができます。

カスタマイザー内のキャプチャ

それに伴い、WordPressデフォルトのブロックパターンは無効化しています。

WordPressのデフォルトのブロックパターンを再度復帰させたい場合は、【外観 > カスタマイズ > その他の設定】の「デフォルトのブロックパターンの読み込み」という設定を「読み込む」に戻すことで復元可能です。

カスタマイザー内のキャプチャ

アコーディオンblock用のスタイル追加

アコーディオンブロックにシンプルなスタイルを追加しました。

▼ 下記が表示サンプルです。

アコーディオンの中身です。

アコーディオンの中身です。

headerまわりのアイコンフォントを変更

ハンバーガーメニューと検索ボタンのアイコンを変更しました。

ブロックエディタにコンテンツ幅用のCSSを追加

ブロックエディタ内で「テンプレート」を変更した場合に、横幅が実際のページと同じになるように変更しました。

例)
デフォルトテンプレート:728px
フルワイド:980px

この機能がうまく動作しない場合はブロックエディタで強制リロード(キャッシュクリア)をおこなうことで改善するかと思います。

その他の変更点

  • columnブロックのモバイル表示時のスタイル調整(style.css)
  • jquery関連のコードを修正(functions.php, functions/admin.php, functions/main-parts.php)
  • トップページヘッダー内のpタグをdivタグに変更(parts/homeheader.php)
  • スマートフォン用のグローバルメニューのマークアップ位置を修正(header.php)
  • クラシックエディタでYoutubeを埋め込んだ場合にブロックエディタ用のマークアップに変換(functions.php)
    • 注意点 埋め込みが<p><iframe ~~~略~~となっているものに限ります。
  • スクロール中はhoverエフェクトを無効化するscriptを追加(js/scripts.js, style.css)
  • プログラムの記述場所の整理(functions.php, functions/main-parts.php)
  • カスタマイザー内の文言修正やスタイル追加(css/customizer-style.css, functions/customizer-color.php, functions/customizer.php)
  • フルワイドテンプレートの背景色をコンテンツ色に合わせる(functions/customizer-color.php)
  • ブロックエディタ内のスタイルを編集(editor-style.css)
  • その他CSSの微調整(style.css)

更新内容は以上です。

アップデート内容が反映されない場合

テーマをアップデートしたにも関わらず、内容が反映されない場合は、ブラウザキャッシュが影響している場合がほとんどです。

その場合、ブラウザキャッシュをクリアして再度ご確認ください。

ブラウザキャッシュは、以下の方法で対応可能です。

【方法1】実際の不具合の起こっている画面を開いて画面を強制リロードする

  1. Windowsの場合: ctrl + Shift +r
  2. Macの場合: ⌘ + Shift + r(Safariブラウザでは⌘ + option + r)

または、GoogleChromeであれば、ブラウザの更新ボタンをShiftを押しながらクリックすることでも、リロードが可能です。

キーボードのShiftを押しながらクリック

【方法2】ブラウザの「設定」からブラウザキャッシュのクリアを行う

ブラウザのキャッシュクリアの方法はブラウザによって様々です。以下のような参考記事にてご確認ください。「ブラウザ名 キャッシュクリア」などで検索しても良いかと思います。

→ このような参考記事があります。

テーマのアップデート方法

  1. 管理画面 > ダッシュボード >  更新
  2. 管理画面 > 外観 > テーマ

上記の①or②のどちらかで確認可能です。通知が来ていないという場合はページを再度更新してみて下さい。

また①の【ダッシュボード > 更新】では、通知がないか手動で確認することができます。ご確認下さいませ。

「もう一度確認する」ボタン

[ご注意]子テーマを使わずに、テーマをカスタマイズしている場合

子テーマを使わずに、親テーマを直接カスタマイズしている場合は、アップデートでカスタマイズ内容が初期化されてしまいます。バックアップをとっておくか、子テーマに移行して下さい。

CHECK! OPENCAGEのアフィリエイトプログラムについて /

オープンケージ製テーマのアフィリエイトについて

NEWバージョン!

究極のモバイルファースト
WPテーマ「STORK19」

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

いさぎよく、シンプル。
WPテーマ「スワロー」

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。

「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。