WordPressの「スラッグ」って何? | OPENCAGE
新テーマ「STORK19」はこちら!

WordPressの「スラッグ」って何?

この記事では、WordPress初心者向けの内容として「スラッグ」についてご紹介します。

スラッグとはページURL(パーマリンク)の一部の文字列のことで、これを適切に設定することでSEO的な効果もあるとされています。

パーマリンクはページURL全体を指すのに対して、スラッグはその一部にあたります。

スラッグは管理画面上から簡単に設定できますが、これを知らないために忘れてしまうケースがありますので、適切に設定できるように覚えておきましょう。

スラッグの役割

例えば、この記事のURLは「https://open-cage.com/wordpress-slug」となっていますが、この中の「wordpress-slug」の部分がスラッグにあたります。

URLの一部であるスラッグは、そのページの顔にもなる大切な要素になります。

通常、スラッグには半角小文字で英数字とハイフンを使用しますが、スラッグ名を設定していない場合、日本語のカテゴリー名や投稿名が反映され、エンコード処理された長い文字列がURLに含まれてしまいます。

例)
https://open-cage.com/%e6%97%a5%e6%9c%ac%e8%aa%9e%e3%83%91%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e3%81%aeurl%e3%82%b9%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%b0%e3%82%92%e8%87%aa%e5%8b%95%e7%94%9f%e6%88%90%e3%81%99%e3%82%8b/

これでは見た目や分かり易さも損なわれるので、必ずスラッグを設定しておきたいところです。

スラッグの設定方法

WordPressでは、カテゴリー、タグ、投稿、固定ページ、それぞれにスラッグ名を付与して、該当ページのURLを設定することができます。

投稿と固定ページのスラッグ

投稿や固定ページのURLの末尾にあたる部分になります。

https://open-cage.com/todays-news/

ただ、WordPressデフォルトの設定では、投稿や固定ページのURLには、下記のように記事IDが入る構造になっています。

https://open-cage.com/?p=123

そのため、まずはWordPressのパーマリンク設定(ページURLに関する設定)を変更しておく必要があります。投稿や固定ページのスラッグを設定する場合は、管理画面の【設定 > パーマリンク設定】で、投稿名が含まれるものに変更しておきましょう。

「基本」「数字ベース」以外のものを設定します

パーマリンクはSEOにも関わる項目なので、サイトを公開して月日が経ってからの変更はおすすめしません。WordPress初期設定の段階で設定しておきましょう。

投稿および固定ページスラッグの設定方法

投稿および固定ページ編集画面の「パーマリンク」を開いてURLスラッグを入力します。

新規追加の際はURLスラッグの入力欄が表示されていませんが、下書き保存することで表示されるようになります。

カテゴリーとタグのスラッグ

カテゴリーやタグの記事一覧ページのURLの末尾にあたる部分になります。

https://open-cage.com/category/news/
https://open-cage.com/tag/plugins/

カテゴリーおよびタグスラッグの設定方法

管理画面の【投稿 > カテゴリー】で、新規カテゴリーを追加する際にスラッグ名を入力します。

カテゴリースラッグと同様に、タグスラッグの場合も【投稿 > タグ】で、新規タグを追加する際にスラッグ名を入力します。

作成済みのカテゴリーやタグのスラッグを変更する場合は「編集」または「クイック編集」からスラッグを変更して更新します。

スラッグを設定する際のポイント

スラッグには意味のわかる簡潔な英単語を使い、複数の英単語を含める場合は「-(ハイフン)」でつなぐことが一般的とされています。

必ずしも記事タイトルを英単語にしたものでなくてはいけないという事ではないのですが、自分自身やユーザー目線で考えてみて、認識しやすいものを設定するのが良いでしょう。

【最後に】スラッグについての注意点

スラッグを設定して記事を公開すれば、その情報もGoogleなどの検索システムに登録されます。そのため、一度設定したスラッグを後から変更するのはおすすめしません。

スラッグを変更すると、そのページのURLも変更されるので、検索結果からのアクセスやSNSでシェアされたURLからのアクセスもできなくなる恐れがあるからです。

どうしても公開後の記事などのスラッグの変更が必要な場合は、このようなデメリットも考慮した上で、その後の対応策(URLのリダイレクト設定など)についても検討しておきましょう。

CHECK! OPENCAGEのアフィリエイトプログラムについて /

NEWバージョン!

究極のモバイルファースト
WPテーマ「STORK19」

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

いさぎよく、シンプル。
WPテーマ「スワロー」

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。

「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。