STORK19以外のテーマにもピックアップコンテンツを設置する方法 | OPENCAGE
新テーマ「STORK19」はこちら!

STORK19以外のテーマにもピックアップコンテンツを設置する方法

STORK19の独自機能のひとつに「ピックアップコンテンツ」があり、トップページなどのサイトヘッダー下にリンクバナーを設置することができます。

このようなリンクバナーを、旧ストークやスワローなど、他のOPENCEGE製テーマでも実装したいというご要望がありましたので、ここではそのカスタマイズ方法を解説します!

テーマファイルのカスタマイズ

こちらのカスタマイズではトップページの上部(トップページヘッダーの下)にピックアップコンテンツを設置するので、テーマファイル内のparts_homeheader.phpを編集していきます。

該当ファイルを子テーマの中に複製してからカスタマイズしてください。※カスタマイズの際は専用の子テーマの導入をおすすめします。

1. parts_homeheader.phpのカスタマイズ

まずは下記で紹介するコードをparts_homeheader.phpの一番下に追記します。このカスタマイズコードはスワロー、旧ストーク、ハミングバード、アルバトロス共通のコードになります。

スライダー記事一覧の上または下など、設置を希望する場所によって貼り付ける箇所を変えてもかまいません。

バナー画像のみ表示する場合

<?php if ( is_front_page() || is_home() ) : ?>
<div id="pickup_content">
<ul>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure></a></li>
</ul>
</div>
<?php endif; ?>

「リンク先のURL」「バナー画像のURL」「代替テキスト」それぞれに任意の内容を入力してください。

スワローでの表示例
スワローでの表示例

下記のサンプルコードが入力例になります。

<?php if ( is_front_page() || is_home() ) : ?>
<div id="pickup_content">
<ul>
<li><a class="pickup_content__link" href="http://demo-albatros.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/fa6580de96e10f554fd577bebef713a2.jpg" alt="アルバトロス"></figure></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="https://demo-hummingbird.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/55a0dd4c64cd2188987da0c31c7743d1.jpg" alt="ハミングバード"></figure></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="https://demo-stork.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/b0a89a55af60a20c1d78bd789cccd76b.jpg" alt="旧ストーク"></figure></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="https://demo-swallow.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/fbd6a5d751ef36f21a5ea8221a49df24.jpg" alt="スワロー"></figure></a></li>
</ul>
</div>
<?php endif; ?>

下記のようにparts_homeheader.phpの一番下にコードを貼り付けます。

スワローのparts_homeheader.phpに追記した例

バナー画像+テキストを表示する場合

<?php if ( is_front_page() || is_home() ) : ?>
<div id="pickup_content">
<ul>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure><div class="pickup_content__text"><span>ここにテキストを入力</span></div></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure><div class="pickup_content__text"><span>ここにテキストを入力</span></div></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure><div class="pickup_content__text"><span>ここにテキストを入力</span></div></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="リンク先のURL"><figure class="eyecatch"><img src="バナー画像のURL" alt="代替テキスト"></figure><div class="pickup_content__text"><span>ここにテキストを入力</span></div></a></li>
</ul>
</div>
<?php endif; ?>

「リンク先のURL」「バナー画像のURL」「代替テキスト」「ここにテキストを入力」それぞれに任意の内容を入力してください。

スワローでの表示例
スワローでの表示例

下記のサンプルコードが入力例になります。

<?php if ( is_front_page() || is_home() ) : ?>
<div id="pickup_content">
<ul>
<li><a class="pickup_content__link" href="http://demo-albatros.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/fa6580de96e10f554fd577bebef713a2.jpg" alt="アルバトロス"></figure><div class="pickup_content__text"><span>アルバトロス</span></div></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="https://demo-hummingbird.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/55a0dd4c64cd2188987da0c31c7743d1.jpg" alt="ハミングバード"></figure><div class="pickup_content__text"><span>ハミングバード</span></div></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="https://demo-stork.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/b0a89a55af60a20c1d78bd789cccd76b.jpg" alt="旧ストーク"></figure><div class="pickup_content__text"><span>旧ストーク</span></div></a></li>
<li><a class="pickup_content__link" href="https://demo-swallow.open-cage.com/"><figure class="eyecatch"><img src="https://i.gyazo.com/fbd6a5d751ef36f21a5ea8221a49df24.jpg" alt="スワロー"></figure><div class="pickup_content__text"><span>スワロー</span></div></a></li>
</ul>
</div>
<?php endif; ?>

下記のようにparts_homeheader.phpの一番下にコードを貼り付けます。

スワローのparts_homeheader.phpに追記した例

2. style.cssのカスタマイズ

あとは、レイアウトを調整するために子テーマのstyle.cssなどに下記のCSSを貼り付けます。

#pickup_content {
    margin: 0.5em auto;
    max-width: 1100px;/*旧ストークの場合は1166px*/
}
#pickup_content ul {
    display: flex;
    justify-content: center;
    align-items: center;
    margin: 0;
    font-size: 80%;
    font-weight: 700;
}
#pickup_content li {
    width: 33%;
    margin: 0.5em;
    position: relative;
}
.pickup_content__link {
    display: block;
    color: #fff;
    text-decoration: none;
    box-shadow: 0 0 4px rgba(0, 0, 0, 0.15);
}
.pickup_content__link:hover {
    color: #fff;
}
.pickup_content__link::before,
.pickup_content__link::after {
    position: absolute;
    z-index: 2;
    content: "";
    display: inline-block;
    width: 3em;
    height: 3em;
    border-color: #fff;
    border-width: 1px;
}
.pickup_content__link::before {
    border-top-style: solid;
    border-left-style: solid;
    top: 5px;
    left: 5px;
}
.pickup_content__link::after {
    border-bottom-style: solid;
    border-right-style: solid;
    bottom: 5px;
    right: 5px;
}
.pickup_content__text span,
.pickup_content__link::before,
.pickup_content__link::after {
    -webkit-transition: 0.3s ease-in-out;
    transition: 0.3s ease-in-out;
}
.pickup_content__text {
    position: absolute;
    font-weight: bold;
    top: 0;
    left: 0;
    z-index: 1;
    display: flex;
    flex-direction: column;
    justify-content: center;
    align-items: center;
    width: 100%;
    height: 100%;
    background: rgba(14, 14, 14, 0.4);
}
.pickup_content__text span {
    border-radius: 2em;
    border: 1px solid;
    padding: 0.4em 0.8em;
    text-align: center;
    line-height: 1.2;
    min-width: 50%;
    max-width: 90%;
    position: relative;
    overflow: hidden;
    box-shadow: 0 0 10px -4px;
    text-shadow: 0 1px 4px #111;
}
.pickup_content__text span::before {
    content: "";
    display:block;
    position: absolute;
    top: 0;
    left: 0;
    z-index: -1;
    width: 100%;
    height: 100%;
    background: #fff;
    opacity: 0.25;
}
@media only screen and (min-width: 768px) {
    .pickup_content__link:hover {
        transform: translateY(-5px);
        box-shadow: 0 3px 15px rgba(0, 0, 0, 0.15);
    }
    .pickup_content__link:hover .pickup_content__text span {
        box-shadow: 0 0 20px 3px;
    }
    .pickup_content__link:hover::before,
    .pickup_content__link:hover::after {
        width: 4em;
        height: 4em;
    }
}
@media only screen and (max-width: 767px) {
    #pickup_content ul {
        flex-wrap: wrap;
    }
    #pickup_content li {
        width: calc(50% - 1.5em);
        font-size: 80%;
    }
}

各テーマでの表示例

以上の方法でカスタマイズすると、それぞれのテーマにピックアップコンテンツを表示できます。

バナー画像のみ

アルバトロス
アルバトロス
旧ストーク
旧ストーク
ハミングバード
ハミングバード
スワロー
スワロー

バナー画像+テキスト

アルバトロス
旧ストーク
旧ストーク
ハミングバード
ハミングバード
スワロー
スワロー

NEWバージョン!

究極のモバイルファースト
WPテーマ「STORK19」

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。

いさぎよく、シンプル。
WPテーマ「スワロー」

SWALLOWはシンプルな見た目と洗練された機能美が光るWordPressテーマです。

「必要なものとは何か」を考え尽くして、無駄な機能やデザインを削ぎ落とした洗練されたWordPressテーマです。

最新テーマ「STORK19」

NEWバージョン!

ブログを書くのが楽しくなる仕掛けや機能がたっぷり!STORK19は読む人も書く人も快適なWordPressテーマです。